グレッギー帰ってきました(ジージもひと言)

休暇で アメリカに

帰っていた グレッギー、

帰ってきました。

 

きれいな 絵本を おみやげに

くれました。

お母さん作の 絵本。

グレッギーのママとは、

亡くなるまえに 一度

グレッギーのスマホで、

話したことが あります。

 

がんで 亡くなった あと、

お話の 走り書きが いくつも

残されていた そうです。

最後まで 一緒に暮らした

義弟が、このたび

お話を集めて、整理して

本にしたのです。

幼いころ グレッギーは、

パパと義母に 引き取られ、

時々、ママと会いました。

そんな日は うれしくて、

リュックに あれこれつめて、

ママが来るのを ずっと

待っていた そうです。

約束は、午前10時。

グレッギーは、ひとりで

ずっと ママを 待っています。

お昼が過ぎ、1時になり、

2時になっても

ずっと待っていた そうです。

ママは、3時ごろになって

現われます。

これは、ママの絵本の

お話ではありません。

わたしが、グレッギーから

聞いた話です。

 

わたしと会う日には、

グレッギーは 約束の時間に

遅れることは ありません。

遅れるときは 必ず

連絡してきます。