かみなり去って 時計屋さんへ

おそろしい 湿気と

熱気に おそわれた。

気圧も とっても変で・・・

刺しゅうしながら、

気がつくと

意しき なかったり、

気がついたりの

くり返し。

午ご から

空しゅうの 爆げきみたいな

すごい 雷雨がきて、

かみなりさん あっちいってから、

いがぐりのくにへ ジージと

ゆきました。

ジージの 腕とけい でんち切れてて、

べると も なおしたいって

いわはるので。

気分てんかんも かねて、

うえののまちの ふるい

時計屋さんへ むかいます。

10ねんぶり ぐらいかな。

まえに ジージの かいちゅうとけい

なおしてもらいました。

ここです⤵

さわだの おじいさん はかせ

いたはるかな?

しょーういんどー のぞきます。

おもしろいもの

いっぱいや。⤵

はかせ いたはる。

ひだり上のほう お店の奥に

まるい ちぢみしゃつの

白いせなかが

見えます。

どうやら 時計の

しゅう理ちゅうの ようです。

 

10ねんぐらいまえ のこと、

ジージの かいちゅうとけいが

こわれました。

でぱーと いったら、

がいこくの めずらしい とけいで

うちでは なおせません、とのこと。

はかせ、とけいを 手にとるなり、

感たんの 声をあげる。

時計 さわるの 大好きな

お人 なのです。

ほおー、めずらしい とけいやな

といって、すぐに

とけいと 対話をはじめる。

50ねん 以上もまえ

だれかに もらったのか、

すいすで かわはったんか、

りゅうずが

動かへんように

なったのです。

すいすの ぬしゃてる とか

いう町で つくられたそうな。

銀ぶた の でざいんが

おもしろい。

しゅりょう犬の、せったー(?)が

月に吠えてるみたいなん。

とくしゅ メガネで はかせが

せいみつ機械を のぞきながら

なんやかや ひとりごと。

あ なんか 書いたあーる、と はかせ。

せーこー って書いたあーる。

それって、あのセーコー?

 

おどろきました。

すいす の とけい、

中の 機械は、

ぬしゃてるの かい社が

うっとこのくにへ

外注してたんや。

さすが 時計はかせ、

ジージの かいちゅうとけい

ぶじ なおって、

ステキなおとで

時を きざみます。

 

きょうは

腕とけいの でんち

かえてもらい、

べるとも あたらしくなって

ジージは

大まんぞく です。

 

“かみなり去って 時計屋さんへ” への2件の返信

  1. 初めまして。と、言うより先日
    キッチンクラブさんでお話しさせて
    頂いた千里からお邪魔の北村と申します。
    とても楽しい時間でした。
    毎朝起きると一番に「バーバの部屋」に
    お邪魔しております!
    とっても楽しみにしています。
    ユニークな作品達全くのツボです。
    又しげ君のお店にお邪魔したいと思っています。
    これからも長〜く続けて下さいね❗️

    1. 北村さま
      すてきなコメントをいただき、また
      毎朝ブログを見てくださるなんて
      かんしゃかんげき です。
      とても励みになります。
      せんじつ 手づくり 大好きって 
      おっしゃっておられて、
      お仲間ができたんだ と喜んでいます。
      わたしも すごく楽しいじかんを
      過ごさせて いただきました。

      わたしの方こそ、これからも
      よろしくお願いいたします。
      ありがとうございました。
      また お目にかかるのを
      楽しみに いたしております。

コメントは受け付けていません。