ブラウン氏の おさんぽ

ふくろうの ブラウンさん、

おさんぽ しました。

はる うららかな きもちの良いひ、

ブラウンさんの おうちを

おそうじ して、ちょっと おさんぽして

いただいたのです。

おさんぽする ブラウンさん

かふかの森の ブラウンさんは、

ある日、たいへんな事故に

あい、バーバが 保護してるのです。

ブラウンさんには、片ほうの翼が

ありません。

なんと 手じゅつの つぎの日に、

運ばれて きました。

ひん死の重傷 というやつです。

獣医さんに ひと晩もつかな、

と言われてました。

傷口に クロマイの軟膏を

たっぷりぬって、

ほっとかーぺっと うえに、

ねかせました。

ものも たべられません。

むりやり 口をこじあけて

エサをやると、

おどろいて、

たべるの

思い出した ようです。

きちんと 立てないので、

だんぼーるの 箱で

からだ 支えてます。⤵

げんき なし⤴

 

もう だいぶながい間、バーバの

おうちに います。いまは、

げんき です。

でも たぶん、大けがをした せいでしょう、

とても 疑いぶかいのです。

むつかしい 方です。

だから、そっとしておいて、

おうちの中も、のぞかないように

はい慮 してます。

世話してるジージの手、

鋭いかぎつめで つかんで

血だらけに したことあります。

まえに 野ねずみ あげたら、

大こうふんし、おたけび

あげました。

いそーろーねこ がつかまえた 野ねずみ⤴

ブラウンさんの 名まえ、

ピーターラビットの ブラウンじいさま

から とりました。

りすの ナトキンの

しっぽ ちぎった 方です。

ん? あんた、だれ?と 言ってます。

 

ブラウンさん、げんき です。

夜に、ときおり とつ然

ぐわっと なき声を あげます。

バーバのそばにいる わかい ホーホーちゃんに

しかけて

ちょっかいをだす のです。

(2羽のあいだに、ちん黙・・・)

と、

ホーホーちゃんが、(うろたえて?)

ふみつぶされたみたいな

おそろしい声で ゲョエ~って

叫び 返します。

なんども、なんども、

くりかえして。

でも、もうブラウンさんは、ひと声も

だしません。

ブラウンさんの 勝ち かな。